一人暮らし用のウォーターサーバーはあるの?

一人暮らし用ウォーターサーバー
これまたよく受ける質問です。
「一人暮らし用のウォーターサーバーはありますか?」
結論から言いますね。
ありません。
さて、説明しましょう。
ウォーターサーバーというビジネスは、
お水を買ってもらうことで業者が収益を上げています。
と言うことはたくさんお水を飲んでくれるお客様が、
優良なお客様です。そうなると、一人暮らしの方はあまりお水を消費してくれないので、不良顧客ということになります。
ですから各社消費ノルマなどを課して、消費の少ないお客様は
なるべく維持させないようにしています。
それでも、なんとかウォーターサーバーを利用したいという人がいますよね。
その場合の選択肢はあまり多くありません。
①ノルマのない会社で利用する
②特定の会社のウォーターサーバーを利用する
③Amazonで購入する
さあ、一つずつ解説してゆきます。
まず①について。
ウォーターサーバーメーカーによっては消費ノルマを設けていない
会社があります。ちなみに消費ノルマは1ヶ月24リットルという会社が多いです。
そしてこの24リットルという量は1人暮らしでは消費が困難です。
ちょっと話がそれてしまいましたが、
ノルマがない会社には大体サーバーレンタル料という料金がかかります。
代表的な2社です。
まず一つ目がアクアクララ。サーバーレンタル料1,000円〜です。
そしてアルピナウォーター。こちらは600円です。
アクアクララはレンタル料さえ払っておけば、お水を消費しようがしなかろうが
何も言われません。12リットルボトルなので、まあまあの容量です。
⇒アクアクララの詳細情報

次にアルピナウォーターですが、こちらもレンタル料を支払えば消費ノルマはありません。お水の金額も安いので人気があるのですが、サーバータイプが古く電気代がかさみます。それとお水が19リットルボトルなのでなかなか無くなりません。
ずっとお水が溜まりっぱなしというのも衛生上よろしくないので、
一人暮らしにはお勧めできません。
 ⇒アルピナウォーターの詳細情報

では②についてです。
実はフレシャスからキャリオという小容量のウォーターサーバーがリリースされています。卓上タイプの小さくて可愛らしいウォーターサーバーです。
これなら一人暮らしでもイイじゃん!などと思いましたがここにも落とし穴が・・・
温水が出ません。ちーん。
このフレシャスキャリオは冷水のみの設定です。
しかもその冷水もコップ3杯程度で枯渇してしまう小容量。
これでは困る。
レンタル料は無料ですが、最低でも2ヶ月に1箱頼まないと休止手数料1,000円が発生します。ちなみに1箱は27Lです。結構多いです。
4.5Lのお水のパックが6個でワンセットです。
小容量なの持ち上げも楽ですし、いいなぁなんて思ったりもしたのですが、
サーバーが脆弱すぎです。やめておきましょう。
 ⇒フレシャスキャリオの詳細情報

そして最後に③について。
Amazonで購入するという選択肢ができました。
そうですあのAmazonです。
なんでも売っているAmazonがついにウォーターサーバーまで売り始めました。
詳細はこちらで確認して欲しいのですが、大雑把に説明すると、
まず、Amazonでウォーターサーバーを購入します。
※ショートサーバーのみで大体1万円です。省エネタイプではありません。
そして、その後はAmazonお水を注文します。
お水自体は結構ラインナップが多いです。
サーバーを購入していますので、あとは好き放題です。
自分の好きな時に好きな分量だけ注文すればOKです。
案外悪くない選択肢かもしれません。サーバーさえ買ってしまえばお手軽です。
 ⇒amazonウォーターサーバーの詳細情報

さて、ここからは個人的な見解です。
私だったらAmazonは使用しないかも。
何故なら、サーバーが買取だからです。海外ではウォーターサーバーを購入するのが当たり前なのですが日本ではメーカーが提供するのが一般的。
新型ウォーターサーバーがどんどんリリースされている昨今ですから、購入してしまうと交換出来ません。
それと、使わなくなった際に捨てるのが面倒。ウォーターサーバーって結構重いですから。
それと、Amazonで販売しているウォーターサーバーははっきり申し上げて安物です。型が少々古くデザインもイマイチ。電気代も高そうだす。
ウォーターサーバーって、実は結構高額なので1万円で販売するのは大変。ということはスペックもおおよそ見当が付きます。※すでにAmazonのウォーターサーバーを使ってる人ゴメンなさい。
ということで、今現在で一人暮らしに適したウォーターサーバーはほぼありません。
どうしても選ぶならアクアクララでしょうか。
とはいえ、一人暮らしの需要は結構あるでしょうからメーカーさんには頑張って対応して欲しいですね。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る