ミネラルウォーターと放射能について

ミネラルウォーターと放射能について
特に赤ちゃんやお子様のいる家庭では気にされる人が多い、
ミネラルウォーターと放射能の問題。
なぜここまで放射能に人々が敏感になったのかと言うと、
それは福島原発事故が原因です。
では現在ミネラルウォーター放射能含有量はどうなっているのでしょうか?
宅配水業界ではほぼ全てのメーカーと言って良いかと思いますが、
放射能の測定検査を行っており、その結果をHPにて公開しています。
主に測定しているのは、セシウムとヨウ素。
私が知る限りでは、これらの物質が製品水から検出されたというメーカーは聞いたことはありません。
実はちょっと意外なのですが、
日本で一番基準が厳しい飲料水は水道水です。
水道法にがっちり縛られた水道水は、様々な基準をクリアしないと、
各家庭の蛇口まで届きません。
一方、市販のミネラルウォーターや宅配水は保健所の基準さえクリアすれば、
出荷が可能です。
すなわち、水道法よりも基準がゆるいのです。
ですから、ミネラルウォーターの安全基準は各社に委ねられており、
メーカーが公表する値を信じるか信じないかという判断基準になります。
ゆえに、ウォーターサーバーを選ぶ際には、
その会社が信用に値するのかどうかという事も確認する必要がありそうですね。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る