あえて手動コックのサーバーにする理由

ウォーターサーバーはコックから熱湯と冷水が出る仕組みなっています。
そこで注目すべきポイントが一つあるんですね。

それが電動か手動かという事。

最近リリースされる新商品は電動ボタンでお水やお湯が抽出できるようになっています。
たしかに、流行りですし便利なのは間違いないのですが
ちょっと問題があるんです。
と言うのが、停電時にお水が出せなくなるんですね。

電動のモーターでお水を吸い上げているので、通電しないと
ウォーターサーバー自体が動きません。

東日本大震災時に業界のリーディングカンパニーである
クリクラやアクアクララが避難所等にウォーターサーバーを提供していましたが、
その際には手動コックが重宝したそうです。

⇒クリクラ公式サイト

⇒アクアクララ公式サイト

当時避難所には満足に電源がなかったという事情もあり、
熱湯や温水は出ないけれども常温水であれば抽出できるので安心できます。

あれほどの震災がそうそう起こるとは考えにくいのですが、
いざという時は重要なポイントです。

クリクラは今でも手動コックがのみです。
アクアクララは電動ボタンが主流になってます。

主要メーカーですと、コスモウォーターは手動コックがメインです。
クリティアは手動コックですね。

⇒コスモウォーター公式サイト

⇒クリティア公式サイト

フレシャスは両方扱っていますが、
最新サーバーは電動ボタンです。

⇒フレシャス公式サイト

どちらのコックが優れているかと言うことではないのですが、
誰も注目しないコックの情報も折角なので共有できればと考えました。

参考にしてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る