RO水と天然水の違い

宅配水には大きく分けて2種類のお水のがあります。

shutterstock_2924362

一つは天然水。これは分かり易いですね。
二つ目はRO水です。

天然水はその名の通り、採水地で汲み上げたお水をボトリングして各家庭へ配送しています。有名な産地としては富士山近郊や阿蘇山近郊でしょうか。イメージも重なって美味しいお水です。

RO水は逆浸透膜と呼ばれる特殊な膜で原水をろ過したお水の事です。とても目の細かい膜なのでH2O以外の不純物をほぼ取り除きます。理論上では放射性物質の分子より膜の目が細かい為、分子は膜を通過することが出来ません。その為、福島原発事故後はRO水が一躍脚光を浴びました。日本で一番安全なお水と言っても差し支えないでしょう。
しかし、不純物を全て取り除いてしまうので味のしない純水になってしまいます。
そこで、クリクラやアクアクララはミネラル成分を人工的に添加することで天然水と遜色ない味に仕上げています。

ピックアップ記事

image

クリティア

[table id=16 /] 公式サイト:富士山のバナジウム天然水 CLYTIA コーポレートサイト:ウォーターダイレクト 業界では後発…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る