キリンウォーターサーバー(アクウィッシュ)本気を出す?

サントリーってどうなの?

キリンビバレッジがウォーターサーバー業界でいよいよ本気を出すようです。

キリンアクウィッシュは2013年1月からウォーターサーバー事業に参入していましたが、フレシャスから製品供給を受けていて、

いわゆる「OEM」でした。

しかし、2014年8月にフレシャスを運営する「富士山の銘水」と共同出資で「富士山キリン銘水株式会社」を設立しました。

これは、キリンはウォーターサーバー事業に本気になってきた証拠。巨大ブランドの宅配水業界本格参入で市場は混戦模様です。

出資比率は8対2でキリン。

これから沢山のユーザーを獲得する為に自社製造に踏み切ったのでしょうね。

 

とまあ、難しい言葉を並べましたが「キリン」という大きな会社が本格参入することは消費者にとっては良い話。

サービス面や価格面、安全性などが向上する事が見込まれます。

それと・・・キリンウォーターサーバーアクウィッシュの新規ユーザー向けのサービスも見ものですね!
定期的に公式サイトで確認してみてください。
KIRINのウォーターサーバー

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る