ウォーターサーバーは富裕層のもの?

shutterstock_3273930

ウォーターサーバー使用の中心はファミリー世帯です。
おおむね20代~40代の子供がいる世帯がメイン。使用者も全国に平均的に分布しているので、世帯所得はあまり関係ないかも。

彼らはとても忙しい。だからこそ買い物の手間をなくしたり、お湯を沸かす手間を省いたり出来るウォーターサーバーに魅力を感じているのでしょう。
小さい子供の手を引いて、もう片方の手に買い物袋を提げた状態では、重いお水を持って帰ることは出来ません。

ウォーターサーバーの維持費は1日に直すと100~200円程度なので、大体ペットボトルジュース1本分。
我が家の例ですが、ウォーターサーバーの使用を開始してから子供のジュース消費量が減ったので収支上はプラスマイナスゼロかなと思っています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る