ウォーターサーバーなんてどこでも同じ?

shutterstock_190049

身も蓋も無い話ですが、現状ではウォーターサーバー各社のサービスには大差がありません。
提供しているものも「水」ですから差別化の難しい商材です。
価格が少々違って、サーバーデザインが数種類で、運用ルールが若干違う程度です。費用も概ね5,000円前後。

「水」には基本的に栄養がありませんので菌の繁殖も限定的で、その他食品に比べると健康被害も起こりにくいと言われています。

宅配水業界でサービスやデザインなど、質の差別化が始まるのはこれからです。
ですから現状ではどのブランドを使用しても大差はありません。

ウォーターサーバーがとても便利なサービスである事は間違いないので、試しに使ってみる事には大賛成です。
現状使用者の多い上位ブランドを強くオススメします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る